展示会・活動状況

《展示のお知らせ》

2021年12月吉日より、
以下でご紹介いたします
古民家の一室に展示コーナーを
頂きました

こちらは日本で唯一の“宿泊できる
博物館”の別施設として古民家の
一棟貸し施設です。

コーナーの画は
季節ごとに入れ替えを
予定しております。

ほっとしていただける
小さな空間が出来ればと
願っております。

応援して下さった方々、
繋げていただいた方々に
深く感謝申し上げます。

 

『Welcome!』(にゃんとわんシリーズ)

 古民家宿泊施設『奥出雲百姓塾』/おいでよ!しまね


皆様のお越しをお待ちしております。
素敵な出会いがありますように。

《過去の活動状況》

来る10月9日(土)に島根県松江市でのイベントに
展示参加いたします。

「障がい者との集い2021」
~笑って、語って、つながって~

日時:10月9日(土)10時~15時
場所:いきいきプラザ島根「体育室」
定員50名
主催:島根県精神保健福祉会連合会
松江ほほえみの会

『にゃんとわん!』『倉のある風景』他
作品13点と色紙販売予定です。
開催期間中にワークショップも
予定しております。

盛りだくさんのプログラムの中で
新たな出会いと交流が生まれることを
願って今からワクワクしております。

★新型コロナウィルス感染症の状況によって
中止になることもございます。

 


去る令和3年6月13日(日)

島根県仁多郡奥出雲町、
布施地区の公民館活動に、
講師として参加して参りました。

トロッコ列車(近く廃線となる)の
お出迎えの為の大旗作りです。

「子供たちに墨絵を経験させたい」
とのご依頼を受け、子供たちと一緒に
楽しんできました。

墨は“布書液”(墨運堂)を使用。

大旗の使用頻度と
出迎え時の天候なども考え、
布への定着力が良く、
後処理が要らない
布書液を選びました。

テーマは『特になし』
ということでしたので、
「〇△□」で「猫、電車、家・・・」を
描いてみよう!
ということで進めました。

墨汁とは少し感触が違うのと、
初めての墨に戸惑いも
感じながらの作業でした。

子供たちもやはり
最初の一筆に戸惑うのですね(笑)

一筆入れるとどんどん
発想が湧いてきたようです!


薄墨、濃墨、かすれ、
指、筆管をたたいて散らしたり
様々に工夫するだけでなく、
ストーリーまで作って
楽しんでいました。

改めて子供たちの取組む表情を見て
大人が忘れてしまった
発想や感性の豊かさを
感じた一日でした。

 

《過去の活動状況》

去る令和3年5月1日(土)から5月23日(日)まで

島根県仁多郡奥出雲町横田の
旧松浦商店の1,2階をお借りして
「まちながMUSEUM」
試みで開催いたしました。

ワークショップあり、
ライブイベントありの
町では珍しいイベントと
なりました。



今後もアートの輪の広がりと
『アートの町』目指して
活動を続けてまいります。

活動詳細他は投稿ページにて